2020年7月よりジュゲムブログから引越中のため、すべての記事がこの新サイトトップページに飛ぶようになっています。お探しの記事は「サイト内検索」(ケータイでは右下「サイドバー」をクリック)にキーワードを入れて掘り出してください。人気記事より手作業で移行中です。Merci bien. À tout de suite!

コートダジュールの空気感♪『ANTHONY ZIMMER』

コートダジュールの光と空気感が感じられる映画は音を消して流しっぱなしにしたりします。

やっと見つけた!コートダジュールの空気感を楽しめる映画

コートダジュールの空気感♪『ANTHONY ZIMMER』
これがニースオーシャンブルー

ここのところずーーっとずーーっと「プライスレス」だったのですが、
つい最近、ソフィー・マルソーとイヴァン・アタル主演の「アントニー・ジマー」を知ってこちらも気に入っています。
2005年の作品で、その後2010年に「ツーリスト」としてハリウッドでリメイクされました。
なので話の大筋は「ツーリスト」を観た人はお分かりかと思いますのでサスペンス感はどうしても差し引かれますが、こちらのほうがシチュエーションにリアル感があって面白いです。
TGVの中でのやり取りはいかにも〝小粋なフランス会話〟で勉強になるかも。

おススメビューポイント

カンヌで過ごす空気感を楽しめる

でも、なによりかにより、映像です!!
カンヌの海を泳いだりカールトンのテラスからの眺め(というより風の感じ)、夜のカンヌのそぞろ歩き夜のテラスでのキャンドルでのディナー、、、。
あの解放感と緊張感が8:2の空気感がリアルでとってもいい!です。

このシーンのロケ地はアンチーブ半島?

それに!カンヌのカールトンが映る前の車で海沿いの道を走るシーン、
あれってアンチーブ半島のJuan-Les-Pins側から岬へ向かう道ではないですか??
(グーグルアースでチェックすれば確認できると思うのですが、
そんなことしたら「グーグルアース・ジュアンレパンの旅」から帰ってこれなくなるので今はやりませんが。)

ニースオーシャン・ブルーの再現性の高さよ

イヴァンがニースのネグレスコホテルの前でソフィーを見張るシーンでの青い、いやブルークレールの海の色たるや。
私が初めて見た時、ブルーが美しすぎて3時間くらい口がきけなかったあの色がそこにはあります。

最後のシーンの別荘からの海の眺めもダジュールらしくて涙がでそう。笑

ソフィー・マルソーの美魔女感がすごい

それと、ソフィー・マルソーの歳をとらない肉体美と肌の美しさ、
そしてかわいらしさにもびっくりします。
ちゃんと大人の女でちゃんとシワもよるのにそこもキュート。
実はそんなに好きな女優さんではなかったけれど(ファンの方々すみません)
「ギャー!カワイイ!」って言ってしまう表情が随所にちりばめられています。
(ほんとにびっくりしますよ!)

あまりに久しぶりの投稿でバナーの張り方などすべて忘れました。
Anthony Zimmer – A Caçada


タイトルとURLをコピーしました